Top

As/R


 狭い画面で見にくいという意見を頂きましたので、変えてみました。

毎回のようにウィルススキャンソフトによる誤検出が発生して、しばらくしてから誤検出として解除されるケースが続いています。
 これらのソフトによりインストール時に隔離される、実行時に遮断される、機能の動作時に応答不能になる、OSが不安定になるなどのトラブル事例には事欠きませんので、十分ご注意の上でセキュリティ関連ソフトの運用を行ってください。
 なお、こういった誤検出は、当方に問い合わせしても一切解決しませんので、積極的にウィルススキャンソフトのメーカーへ検体提出をしてください。

※しばらくトップページからの告知に、誤検出の酷いウィルススキャンソフト名を掲載します


概要

 ファイル一覧を起点としてPCの操作全般を効率的に行う目的の、エクスプローラー風のファイラーです。

 前作は公開して十数年が経過し、前提としている環境が文字通り桁違いの進化を遂げたため、基本設計が時代遅れになってしまいました。
 そのため、最新のトレンドも多数取り入れつつ根本から作り直しました。
 その結果、基本コンセプトから全く異なる別のソフトになっています。

 前作と比較して、本体サイズが半減しているにもかかわらず、桁違いの表示速度や拡張性、相変わらずの多機能という、一見して矛盾しそうな特徴を併せ持っています。
 良い点の裏返しでもありますが、自由度が高すぎ、機能数が多すぎるため最初は戸惑うと思いますので、使えるところから慣れていくという形を推奨しています。


オンラインヘルプ

入門用コンテンツ

  • As/Rの使い方
    なるべく簡単に図解で理解できるようにテーマごとに説明してます。

オンラインヘルプ

  • オンラインヘルプ
    詳細な説明で、かなり文章量が多いです。
  • 動作環境
  • よくある質問 FAQ
  • オンラインヘルプ内の検索:


サポート

サポート用の暫定掲示版(サイト全体で共有)

 ほとんどブロックされていますが、スパム書き込みが非常に多いので継続運用は確約しません。
 作者のレスポンス速度はかなり遅いので、あまり返信は期待しないでください。
※ほとんどが自動遮断できておりますが、悪質なサイトへ誘導させようとする書き込みが少なくありません。
 そのためURLを変えることがありますので、ご注意ください。

目安箱(サイト全体で共有)

 掲示板が存在している場合や、非公開書き込みにしたい場合にこちらをご利用ください

開発協力者の方向けページ

 開発協力者を名乗り出ていただけた方用のページです。
 翻訳用の開発SDK、外部コマンドのサンプル、コマンドプラグインのSDK、プレビューバーのプラグインソースなどが置いてあります。

更新履歴

 初回リリース時からの記録です。
 どのバージョンで動作が変わったかといった情報を調べられるように公開しています。
 なお、リリース前から情報公開したり、公開後に誤字を修正したりしているので、サイトの更新チェックに使う場合はご注意ください。

既知の不具合

 現在わかっていても修正できない不具合を備忘録的に記載しています。

その他



雑記

 先の方針とか、意見募集とか、気が向いた時にツラツラ綴っています。
 仕様変更の経緯や、動機、理由などの追跡用として残しています。

 As/R Ver.12.0以降の話

 過去の記事


ダウンロード

  • 自己解凍形式のファイルで配布しております。
    実行するのが嫌な場合は7zの自己解凍形式を展開できるアーカイバを使用してください。
  • HPの混雑状況によってダウンロードに失敗する事があります。
    失敗した場合は、時間を置いて再度ダウンロードしてください。
  • ダウンロードしようとしてクリックしても何も起きない、また真っ白なページが表示されてダウンロードできない場合、使用しているインターネットセキュリティ強化ソフトや広告除去ソフトを、一時的に停止して試してください。
    ウィルススキャンソフトの誤検出は、単なるウィルススキャンソフトの不具合なので、そのメーカーに相談されることをお薦めします。
  • 配布書庫に関してはこちらを参照ください。
  • Visual C++のランタイムが別途必要です。(2015/2017/2019は中身一緒なので、Windows update等で最新版になっていればどれでも可です)
    下記の関連ツール置き場や、初期設定ツールやアップデートツールからMicrosoft社のダウンロードページに飛べるようにしてあります。
  • ウィルススキャンソフトの誤検知対策として、自己認証(通称:オレオレ認証)の電子署名を行っています。
    証明書自体は、おまじないにすぎないことをご了承ください。
  • Microsoft社のDefender等、ウィルス等と誤判定される場合はパターン定義ファイルを更新すると誤検出されなくなる場合が多々あります。
    今まで何千回と誤検出されていますが、一度もウィルスと定義される悪質な動作が確認されたことはありませんし、それが報告されたこともありません。
    検体提出していただければ、まともに報告を受け付けているメーカーであれば、誤検出自体がなくなりますのでご協力をお願いします。
  • 落ちる/動作不良/速度低下など、大規模なWindows update(最新でない版)や、Microsoft社製品のインストールなどで再起動を求められない場合でもランタイムが巻き戻り、不整合が発生することがあります。
    OSの再起動や、Visual C++のランタイムの再インストールで大抵解決しますので、お試しください。

最新版

  • Ver.12.7.0.0

    Ver.11→12への移行に関する注意事項

  • インストーラー同梱版(試験運用)
     インストーラー同梱版の補足説明

    Ver.12.7.0.0も、Defenderによる誤検出が発生しましたが、Microsft社より誤検出であることを確認したとの連絡を受けています。
    誤検出された場合はパターン定義を更新の上で、ご利用ください。


    くどいですが、ウィルススキャンソフトが何らかの脅威と検出しましたらメーカーに検体提出をして、解析の依頼をしてください。
    誤検出はウィルススキャンソフトのバグなので、当方に連絡しても何の解決にもなりません。

    ※Ver.12から動的にCPU個数によって制御するように変更されているので「シングルスレッド版差分」の提供はなくなりました。
    ※ウィルススキャンソフトの誤検出が酷いため、インストーラー同梱版の提供は中止とさせていただきます。誤検出が減ってきたので暫定で再開します。
    ※「DLLプリロード等の脆弱性がある環境でも動作する版」は通常版に同梱されました。
    ※「AVX2使用版」は通常版に同梱されました。


旧バージョン

 β版を除く旧バージョンはサイト容量を圧迫しない程度に置いておきます。
 ある程度まとまった区切りで消していきますのでご了承ください。
※旧バージョンは保守目的で置いているものですので、基本的にサポート対象外である事をご了承ください。

 過去のバージョン