[ヘルプTop] [戻る]

Ver.14への移行に関する注意事項

 デバッグバーとログバーの2個のドッキングバーが追加になっていますが、それ以外に変更点がない更新になっております。
 ですから、今回は注意事項も少なくなっております。
  1. ドッキングバーの構成がおかしくなった場合。
    Setting.exeを実行したときに、以下のような画面が表示されますので「バーのレイアウトを削除する」ボタンを押してください。
    メインメニュー、ツールバー、各種ユーザーバー、メインウィンドウの位置情報など、MFCに丸投げしているAs/Rの設定項目を削除します。

 なおVer.14への移行とは逆の話になりますが、Ver.14→Ver.13以前へのダウングレードは、ログバーやデバッグバーのレイアウトがおかしくなる場合がありえますので、あまりお薦めはいたしません。


  • 表示メニュー
     Ver.14はメニューに「現在のウィンドウより下位階層のパスのウィンドウを閉じる」「現在のウィンドウと同じパスのウィンドウを閉じる」の2つのコマンドの追加と、文言修正が行われています。
     ヘルプなどと比較して、メニューの構成がおかしいと感じられる場合、メニューの構成がずれているような場合は、以下のカスタマイズ画面でメインメニューをリセットすることができます。
     メニューの表示で「Asr」を選択し、「リセット」ボタンを押してください。