[ヘルプTop] [戻る]

Ver.9への移行に関する注意事項

メインメニューの構成を1箇所だけ変更しました

 ヘルプなどと比較して、メニューの構成がおかしいと感じられる場合、メニューの構成がずれているような場合は、以下のカスタマイズ画面でメインメニューをリセットすることができます。
 メニューの表示で「Asr」を選択し、「リセット」ボタンを押してください。




ローカルのサムネイルキャッシュのデータ構造を変更しています

 非推奨機能になっていたので、比較的影響は少ないと思います。
 従来フルパスでキャッシュを作っていたため、ディレクトリ移動ができない欠陥を抱えていました。
 今回、ファイル名のみでキャッシュを生成するようになったため、従来のキャッシュファイルと互換性がありません。
 お手数ですが、上記で新設されました「ローカルのサムネイルキャッシュの作成」コマンドを実行して再生成してください。
※従来の「サムネイルキャッシュの作成」「サムネイルキャッシュの削除」は廃止され、新設したコマンドに統合されています。


サイズグラフの設定状態を引き継ぎません

 メインメニューからのコマンド実行時にダイアログを表示し、グラフの計算方法を指定するように変更しましたので従来の設定は引き継ぎません。


サポート対象のOSを変更しています

 Microsoft社のサポートも終了しましたので、今回からVistaとWindows 8はサポート対象外です。
 特に起動制限はしていませんので動作する可能性が高いですが、動作保証いたしません。
 今後、じわじわとハードウェアレンダリングを実装していったり、タッチパネル対応などを進めていく予定ですので、唐突に起動できなくなる可能性がありますことをご了承ください。


確認メッセージの非表示設定を引き継ぎません

 従来、大量にタブを開こうとしたり、大量のファイルを開こうとしたときのメッセージが設定可能でした。
 今回はtips的なメッセージや、分かりにくい機能の説明のメッセージや、誤操作防止を目的としたメッセージを数多く追加しています。
 今後、こういったメッセージを増やしていける仕組みに統合しましたので、従来の設定を引き継ぎません。