Top



 Ver.9.1系のβ版です。

 Direct2D使おうとすると、初期化処理が遅いと評判が悪いので、起動速度の高速化の一環です。
 タブがアクティブになるまで走査しないというオプションを追加しました。
 ちょっと強気に、デフォルトをONにしています。
 認証されてないタブを復元するとか、認証ダイアログが1個しか出ないので素直な動作になるんですよね。

 リストが表示されてねぇぞ!とか、落ちるぞ!とか、今までにないメッセージが表示されてるぞ!とかありましたらご連絡ください。
 とりあえず、OFFにすると従来と同じ動作になります。



Ver.9.1.4.1

ダウンロード

●不具合修正
・オプションのトラッキング選択が再起動しないと反映されない不具合の修正

●コンテキストメニューのカスタマイズ機能を追加
・オプション→インターフェイス→コンテキストメニューを追加

●コンテンツモード
※Windows10のエクスプローラーに見た目を合わせた変更
・3列表示から2列表示に変更
・動画の場合にフレーム高さ、フレーム幅の表示を削除
・画像の場合に更新日付を表示するように変更

●スレッド管理フラグの構造の変更
・アイコン取得のみでスレッドの生成を決定していたが、詳細情報もスレッド生成のトリガーに追加した
・表示モードごとにスレッド生成の仕組みを追加
・ローカルサムネイルキャッシュが適用された場合の詳細、コンテンツ、並べて表示の詳細情報が欠落していたのを改善


Ver.9.1.2.2

ダウンロード

●隠し機能
・存在しないファイルに紐づいたタグがあるか調べて削除するコマンドを追加
※オンラインヘルプのオプション→リスト→動作からスクリプトがダウンロードできる・・・予定

●その他
 リストの空欄を右クリックした際に表示されるメニューに、現在のフォルダーのシェルメニューを追加

●縮小画像を表示できる最大数を500→3,000に変更

●ローカルサムネイルキャッシュ作成
・生成できるローカルサムネイルキャッシュの最大数を3,000に制限するようにした
・対象ファイルが3,000以上ある場合は確認メッセージ表示するようにした
・画像サイズ×画像数が262,143を超える場合は、As/Rで表示できない場合がある警告メッセージを表示するようにした


Ver.9.0.9.1

ダウンロード

●β版不具合
・起動(未アクティブウィンドウあり)→全タブ更新がかかる機能を使う(オプションとかOS設定とか)→アクティブにするで初回走査が動いてしまう不具合の修正

●起動速度の向上
・起動時にタグ情報を読み込む設定を追加(オプション→リスト→動作)
※ファイルにタグを付けるには、ヘルプの「隠し機能」を参照してください

●ローカルのサムネイルキャッシュの動作改善
・安定性の向上のため、ローカルのサムネイルキャッシュの読み込みを走査スレッドではなくUIスレッドへ移動
・ローカルのサムネイルキャッシュを適用する条件を緩和した
※アイコンモード切替、フォルダ設定などでも適用されます

●不具合修正
・ローカルサムネイルキャッシュの作成コマンドの処理中にラジオボタンを押せてしまう不具合の修正


Ver.9.0.7.2

ダウンロード

●起動速度の向上
・リストがアクティブになるまで走査しない設定を追加(オプション→リスト→動作)

●不具合修正
・フォントフォルダの下の階層で外部コマンドの実行を許していたのを禁止した
・Windowsの終了の際に、ビジー状態からキャンセルする場合に落ちるパターンがあったのを修正
・Windowsの終了の際の終了メッセージが衝突する可能性を減らした
・リストで未選択のコンテキストメニューで、サイズグラフと日付色分けにチェックが付与されていたのを削除