[サイトTop] [As/R Top] [ヘルプTop] [戻る]

操作スタイル1

多画面ファイラー編


 あんまし認識してもらえないのですが、As/Rは10画面ファイラーという側面を持っています。

 タブ型のファイラーのメリットが「タブでウィンドウを切り替えることができる!」とか良く言われます。
 次のタブ・・・・って送っていくとか、マウスでクリックして切り替えるとかですね。

 個人的には、そんなメンドクサイ事はやってられません。
 作者の癖にタブファイラーとしての側面を全否定する勢いですが、実は作者はタブファイラー不要論者なんですよ。
 いっぱいウィンドウを開きっぱなしにするなんてトンでもない!とか、本気で思っています。

 まぁ、これは作業環境にもよるわけでして個人的には仕事環境に限定されます。
 自宅の環境だとマウス使う頻度が上がりますのでタブの方が使いやすい気がします。
 この自己矛盾というか、気分屋的な使い分けにも対応・・・というのが、ウチのファイラーのテーマですしね。


 さて、今回も話がそれちゃいました。
 ウィンドウの切り替えは、テンキーの0~9に割り当てられている「お気に入りタブ」という機能を使って切り替えます。
 これは、個々のキー毎に1つのタブを割り当て、即座に切り替え/表示ができると言うものです。
 (タブを閉じても、10画面分のフォルダーが保存されます)

 この機能は、まめFile4が「多画面型ファイラー」になったときに生まれた機能で、いかにウィンドウ切り替えを素早く、省力化するかという観点で発展してきた機能です。
 (10画面分のパスを覚えるというのは、Ver.0から載ってたと記憶してますが・・・)

 そして、現在はお気に入りタブという名称になって生き残っているわけですが、いつもメインで使うタブをテンキーの数字で覚えるという感じでしょうか。
 定型的に、フォルダを開いてと管理と言うよりも、フォルダ間のナビゲーションを主とした考え方とも言えます。
 それが10個あるイメージですね。

 簡単に言えば、超使うフォルダーをお気に入りタブで開いておけば、1キーで即座に切り替えられるというメリットがあると言う事です。


※追記
 おぃ!ノートPCにはテンキー無いぞ!という方も多々いらっしゃると思います。
 キー割り当てを変更してください。ごめんなさい。
 前作みたいに自動で再設定するとかはやってません。